The Cullingの推奨スペックガイド

The Cullingってどんなゲーム

一言で表すと最後の一人になるまで生き残りをかけたバトルロワイヤルゲームです。自分以外は全員敵のフリーフォーオールスタイル、二人一組のチーム戦があります。まだマップは一つしかなく使用できる武器もそこまで多くありません。

特徴的なのがFPSゲームでありながら銃メインよりも近接武器がメインのところです。

銃も用意されていますがゲーム中に入手するのが非常に難しいです。また弾丸を作るのも意外とお金が必要となり弾数を増やせないケースが多いです。だから近接メインの戦闘が多くなります。

この辺は銃メインのFPSに比べると新鮮です。
そして現在はマルチプレイしか準備されていませんが、PvEなんかもコンテンツとして入ると絶対に面白いです。あのシステムでサバイバルも面白そう。意外とコンテンツの幅も広げやすいゲームなのではないかと思っています。

最初は何も持っていない…練ることで武器、道具を作る

一般的なサバイバルゲームと同じくリスポン時、プレイヤーは何も持っていません(PERKSによっては初期装備あり)ですから最初は落ちている物を拾う、もしくは建物を探してロッカー等から武器、道具、回復薬などを見つけることが最重要になります。

面白いシステムなのが落ちている物同士を練り合わせることで新しいものを作り上げることです。例えば石と石を練るとナイフが作れます。ナイフと木の棒で槍になります。槍と木の棒で弓矢を作ることができます。弓矢の矢は弓を装備した状態で木の棒と組み合わせることで矢を増やすことができます。

サバゲーほど複雑でなくいとも簡単にグレードアップした武器を手に入れていくことができます。

でもお金がないと何も作れない…

The Cullingにはお金が概念があり何かを組み合わせて新しい物を作るときはお金が必要となります。なければ作れません。

The Cullingのゲーム内通過は落ちている物を拾う、拾ったアイテムを売る、他プレイヤーを倒すなどすると増やすことができます。一定のお金が溜まるとエアドロップを呼べるようになります。エアドロップも種類があり強武器、便利な道具など入っています。終盤まで生き残り、戦闘を有利に進めたい方は率先して呼んで強武器を手に入れておきましょう。

エアドロを呼べば銃武器も手に入れることができます。戦略性も立てれて簡単そうに見れて最後の一人に生き残るには奥の深いゲームシステムになっています。

トップへ戻る

The Cullingのあれこれ

パソコンのあれこれ