The Cullingの推奨スペックガイド

意外と重要なグリス

CPUに塗布されているパーツでグリスがあります。このグリスはCPUの発熱を効率的にヒートシンクに伝えるパーツでもあります。そのためゲームパソコンを買った当初は良いですが経年劣化でグリス効果もなくなってきます。

そのため定期的に点検をしてグリスが十分に塗布されているかの確認をした方がCPUでの発熱を効率的に処理をしてくれます。もしなくなってきている場合はCPUトラブルになり兼ねないので急いでグリスを塗ってあげましょう。

そんなグリスですが複数の種類がはり熱効率を伝えるレベルが変わってきます。グリスの選び方や特徴などを紹介していきますね。

グリスの種類や選び方

グリスにはシリコン、セラミック、シルバー、ナノダイヤモンドといった素材を利用したものがあります。これらの違いは熱伝導率が変わります。なので素材が高品質なタイプの方がより効率的に熱を排除できるようになります。

CPUはパソコン内部のパーツで最も温度が上昇する機器です。できるだけ安定した温度で熱を冷ましてあげることがパソコンの寿命や熱トラブルの予防に繋がります。

基本的にはグリスの品質にこだわった方が良いですが頻繁にグリス交換をするとなると費用もかかってきます。なのでシリコン、セラミックなど比較的に安いグリスを使って冷却効果に問題がないようであれば素材はあまり注意して選ばなくても大丈夫です。

どんな時にグリスを交換するのがよいか?

グリスが減ってきかなぁ〜なんて場面について解説をしていきます。これはファンの音、CPUの温度が上昇して電源が落ちるなどはグリス不足が原因となっているケースもあります。

このように音、温度を注意深く観察しているとグリスの有り無しがわかります。グリスはあるのでファンの音がうるさい、CPU温度が安定しない場合はCPUクーラーに埃が詰まっている可能性もあります。一度パネルをあけて埃がないかを確認しましょう。エアダスターを使って埃を除去すればパソコンに傷をつけずにゴミ処理ができますよ!

トップへ戻る

The Cullingのあれこれ

パソコンのあれこれ